ユニバーサルケアツアー

December 10, 2017

 

【無人島サバイバル研修の仕掛人がプロデュースする「ユニバーサルケアツアー」開催】

〜人と人の繋がりをデザインし、地域の健康を考える薬局がある。まさに薬局革命!!〜

 

 

調剤薬局5万7000件、1店舗あたり月1,000枚の処方箋応需があると仮定した場合、5億回以上も患者さんと関わることになる。量から質に移行する世の中で薬局業界も質へ移行が取り組まれている。

2015年に厚生労働省から「患者のための薬局ビジョン」を策定された。

来年の2018年医療・介護ともに報酬改定を前に社会保障で求められる共助としての本質を学ぶ。

 

今回、医療人、がん患者、障がい者、学生(小学生または未来の担い手)、経営者がマギーズ東京や無人島サバイバル研修の仕掛人のプロデュースにより地域医療の考え方を覆す、または考え直すツアーを企画することになった。

ツアーを通して、医療人・学生は地域医療づくりを学び。がん患者・障がい者の方々には「相談できる薬剤師がいる」と発見してもらいます。

 

将来、医療政策と介護政策の連動だけではなく、児童福祉政策や障がい福祉政策も組み合わせ「医療と地域の繋ぎ目のユニバーサルケア薬局」を増やしていきたい。

 

 

 

 

<日時>

2017年12月10日(日曜日)10:00~18:00

 

<場所>

厚川薬局(埼玉県東川口)

マギーズ東京(東京都江東区豊洲)

※五十音順表記

 

 

 

<参加費>

30名(内10名学生)

法人75,000円(5人まで)

個人15,000円

学生1,000円

※マギーズ東京・各障がい者団体・ガン患者団体にファンドレイジングに一部(収入の5割以上)利用

 

「申し込み」

 

<スケジュール>

10:00 東川口駅集合

10:30 開始・主催より企画について

10:40 プログラム①

〜地域と医療の繋ぎ目を学ぶ〜

10:40 基礎知識

10:55 アイスブレイク・ディスカッション

11:35 B-Space.Pharmacyでの事例紹介

11:50 厚川薬局のコミュニティデザイン

-昼食・移動-

15:30マギーズ東京(場所)江東区新豊洲 マギーズ東京 岩城典子

15:30アイスブレイク

16:15マギーズ東京について

17:05 休憩10分-

17:15 ワークショップ

18:00 現地解散

 

〈主催〉

株式会社ファミーユ厚川

 

〈協力〉

厚川薬局

ホームページ(HP):https://www.atsukawa-pharmacy.com/

 

グロースコンサルティング株式会社

ホームページ(HP):http://www.growthconsulting.co.jp/

 

マギーズ東京

ホームページ(HP):http://maggiestokyo.org/

NHK ETV 「がんとともに歩む力を」

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259568/index.html

 

B-Space.Pharmacy

ホームページ(HP):https://bspace-ph.themedia.jp/

 

※五十音順

 

詳しくはこちらは、

https://www.facebook.com/events/312496402567333/


 

 

 

 

 

 

Please reload

アーカイブ
Please reload

お知らせ

第3回 コミュニティファーマシーフォーラムのポスター発表に参加して!!なんと表彰されました

July 24, 2016

1/1
Please reload